忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/19 23:12 】 |
アロマテラピー教室やスクールを選ぶ
アロマテラピーを学校やスクールで習いたいという人が増えてきています。学校やスクールでアロマテラピーを学ぶためには、安くない費用と期間が必要になります。あらかじめそれらを項目ごとに書き出し、比べてみましょう。アロマテラピーの学校やスクールに関する情報を書きましたのでご参考にしてください。

近年、アロマテラピーに興味を持つ人が多くなってきています。それにともなって、アロマテラピーについて学べる教室やスクールも全国的に増えてきています。アロマテラピーの教室やスクールには、それぞれに特徴がありますので、自分に合った教室やスクールを選ぶ必要があります。アロマテラピーには、今のところ、日本で公認された資格はなく、アロマテラピーに関する各協会が、それぞれ独自に認定している状況です。協会によって方向性に違いがみられるので、自分に合ったスクールを選びましょう。まずは、自分はアロマで何をしたいかを考え、各協会から資料を請求してみてみることが大切です。日常生活の中で利用するために学びたいのか、将来、アロマ関係の仕事につきたいのかが、スクール選びで一番重要になってくると言えます。アロマテラピーの協会の資料には、それぞれの認定校が紹介されているので、気になるスクールの説明会や体験教室には積極的に参加して、実際の雰囲気などを見てくるのも大切なことです。なるべく多くの体験教室を見学して、スクールの雰囲気、講師の教え方、受講生の様子などを実際に感じてくると良いでしょう。また、自分のライフスタイルや予算に合ったスクールを選ぶことも大切になります。受講料や受講期間、受講場所、受講内容、設備、就職状況なども、スクールによって違いがあります。受講費の中に、教材費が含まれているのかも把握しましょう。入会金は安いのに、テキストや精油などの教材費が高価で、余計に費用がかかったという話もよく耳にします。スクールに通った後、将来的にアロマテラピーの仕事に就きたいと考えている人は、受講後のサポート体制についても確認しておく必要があります。

>>>佐藤ユミ子のアロマテラピー講座DVD付

PR
【2011/08/21 18:45 】 | アロマテラピー
アロマテラピーを独学で学ぶかそれとも
アロマテラピーをあなたは専門の学校で学びますか、それとも独学で学びますか?アロマテラピーを学校で学ぶにしろ、独学で学ぶにしろ、それぞれのメリット、デメリットがありますので、慎重に確認の上、学校か独学かを決めてください。ここでは、アロマテラピーを学校で学ぶことのメリットを書いていますので、ご参考にしてください。

アロマテラピーを学ぶ場合には、学校へ行くことをおすすめします。アロマテラピーの学校では、テキストや独学では学ぶことのできない知識や技術を学ぶことができます。アロマ検定などの難易度の低い資格の取得は独学でも十分ですが、学校に行くことで様々なメリットがあります。アロマテラピー協会の認定校で学べば、アロマアドバイザーの資格を取得するために必要な認定講習会が免除されます。また、アロマテラピーの学校では、アロマテラピートリートメントの技術やカウンセリングなどを専門的に勉強することができます。独学ではできない対人の実習は、学校ならではの利点です。それに、講師はアロマテラピーを本業にしているので、テキストにないような豊富な知識を交えて授業をしてくれます。テキストも学校オリジナルの的を絞ったテキストが用意されているので、無駄な時間を作ることなく、効率的にアロマテラピーを学ぶことができます。学校に通うことで、生徒同士で励まし合ったり、疑問点などをすぐに講師に質問することができるため、勉強の途中で挫折してしまうことも少なくなるでしょう。ただ、学校に通う為には、約30万円の資金と半年から一年ほどの期間が必要になります。決して安くはない金額ですので、自分の目標と費用を踏まえた上で、学校と独学のどちらで学ぶか決めると良いですね。アロマテラピーの学校の費用には、受講料はもちろんのこと、検定用のテキストや精油などの教材費も含まれていることがほとんどです。全てを自分で揃える手間や費用を考えると、そう高くないと感じる人も多いでしょう。でも、事前に費用の内訳をしっかりと確認しておいた方が間違いがありません

>>>佐藤ユミ子のアロマテラピー講座DVD付

【2011/08/21 18:36 】 | アロマテラピー
アロマテラピーと健康との関係
アロマテラピーの健康増進の癒し効果、ストレス解消効果、鎮痛効果や抗菌作用、抗炎症作用、鎮痛作用、鎮静作用、結構促進作用などがあります。ただ、アロマテラピーのエッセンシャルオイルを使うときは十分に注意してお使いください。アロマテラピーの持つ力をまとめてみましたのでご参考に!

アロマテラピーとは、植物の花や葉、樹脂、果皮、樹皮、根から抽出された天然成分である精油(エッセンシャルオイル)を利用し、香りを嗅いだり、肌へ浸透させることで、心や体のバランスを整えてくれる香りを使用した自然療法です。アロマテラピーは、心と体のリフレッシュ効果や癒し効果、健康増進効果のために幅広く利用されています。アロマテラピーに利用されるエッセンシャルオイルにはたくさんの種類があり、それぞれが独自の効能をもっています。植物によって含まれる成分や量に違いがあり、様々な成分が混ざりあってできているためです。アロマテラピーの効果で代表的なものには、ラベンダーの「癒し」の効果があります。香りを嗅ぐことで、嗅覚から脳へと伝達され、心や体に働きかけます。ラベンダーの効果としては、癒し効果以外にも、ストレス解消効果、鎮痛効果や鎮静効果が期待できます。他にも、アロマテラピーには、健康維持や疲労回復効果もあるといわれています。エッセンシャルオイルに含まれる芳香成分によって、抗菌作用や抗炎症作用、鎮痛作用、鎮静作用、血行促進作用などが期待できると考えられており、医療に取り入れられている国もあるのです。アロマテラピーのリラックス効果、ストレス解消効果だけでも、心と体の健康維持や美容などに良い影響をもたらしてくれるでしょう。ただ、エッセンシャルオイルの品質にはこだわらないと、雑貨レベルの品質のエッセンシャルオイルを肌に直接塗布したりすると、肌トラブルの原因になってしまいます。それに、想像以上に強い効果がありますから、トリートメントに使うのならば、用量・用法をきちんと守ることが大切です。

>>>佐藤ユミ子のアロマテラピー講座DVD付
【2011/08/21 18:26 】 | アロマテラピー
| ホーム | 次ページ>>