忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 06:00 】 |
アロマテラピーと健康との関係
アロマテラピーの健康増進の癒し効果、ストレス解消効果、鎮痛効果や抗菌作用、抗炎症作用、鎮痛作用、鎮静作用、結構促進作用などがあります。ただ、アロマテラピーのエッセンシャルオイルを使うときは十分に注意してお使いください。アロマテラピーの持つ力をまとめてみましたのでご参考に!

アロマテラピーとは、植物の花や葉、樹脂、果皮、樹皮、根から抽出された天然成分である精油(エッセンシャルオイル)を利用し、香りを嗅いだり、肌へ浸透させることで、心や体のバランスを整えてくれる香りを使用した自然療法です。アロマテラピーは、心と体のリフレッシュ効果や癒し効果、健康増進効果のために幅広く利用されています。アロマテラピーに利用されるエッセンシャルオイルにはたくさんの種類があり、それぞれが独自の効能をもっています。植物によって含まれる成分や量に違いがあり、様々な成分が混ざりあってできているためです。アロマテラピーの効果で代表的なものには、ラベンダーの「癒し」の効果があります。香りを嗅ぐことで、嗅覚から脳へと伝達され、心や体に働きかけます。ラベンダーの効果としては、癒し効果以外にも、ストレス解消効果、鎮痛効果や鎮静効果が期待できます。他にも、アロマテラピーには、健康維持や疲労回復効果もあるといわれています。エッセンシャルオイルに含まれる芳香成分によって、抗菌作用や抗炎症作用、鎮痛作用、鎮静作用、血行促進作用などが期待できると考えられており、医療に取り入れられている国もあるのです。アロマテラピーのリラックス効果、ストレス解消効果だけでも、心と体の健康維持や美容などに良い影響をもたらしてくれるでしょう。ただ、エッセンシャルオイルの品質にはこだわらないと、雑貨レベルの品質のエッセンシャルオイルを肌に直接塗布したりすると、肌トラブルの原因になってしまいます。それに、想像以上に強い効果がありますから、トリートメントに使うのならば、用量・用法をきちんと守ることが大切です。

>>>佐藤ユミ子のアロマテラピー講座DVD付
PR
【2011/08/21 18:26 】 | アロマテラピー
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>