忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 05:59 】 |
イランイランとユーカリのアロマオイル
アロマオイルの種類は多岐にわたり、持つ特性から好き嫌いがはっきりするものと
一般に受け入れらるものまであります。

アロマオイルの中で、賛否両論があるのが、イランイランです。

そして、TPOに合わせて使いたいのが、ユーカリ系のアロマオイルです。

では、イランイランとユーカリのアロマオイルについてお話しします。

アロマオイルの中でも、個性の強い香りのせいで好き嫌いがはっきりと分かれてしまうのが、
イランイランです。

イランイランは、熱帯地方に咲くイランイランの花から抽出されるアロマオイルで、
とても濃厚で甘くセクシーな香りがします。

この香りが好きな方は、アロマバスに利用したり、寝室に利用したりする事で、
濃厚で甘いエキゾチックな香りを楽しむ事が出来るでしょう。

一日の緊張をほぐして、呼吸を落ち着かせリラックスさせてくれる効果が期待できます。

また、このイランイランの強く特徴的な香りには、
官能的な気分を高める作用があると言われていて、男性よりも女性に好まれる傾向があるようです。

好き嫌いの分かれるアロマオイルですが、
シャネルNO.5やディオールのプワゾン等の香水にも使われています。

ユーカリの種類は600を越えると言われていますが、
アロマテラピーで良く利用されているアロマオイルは、
ユーカリグロブルス、ユーカリラジアタ、レモンユーカリの3種類で、
一般的にユーカリのアロマオイルと言うと、ユーカリグロブルスを指すようです。

ユーカリの香りは、ペパーミントよりも刺激が強く、クール系の香りと言って良いでしょう。

また、タイムと並んで殺菌力に優れた効果を発揮する事でも有名で、
風邪などの感染症の予防には欠かせないアロマオイルです。

美容の面でも、細菌の繁殖を抑える働きから、重症のにきび肌に向いています。

また、ユーカリの香りには感情を鎮めてくれる働きもあるので、
精神を集中させたい時にはとても役立つでしょう。
PR
【2011/11/07 21:19 】 | イランイランとユーカリ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>