忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 06:03 】 |
メドウズとニールズヤードレメディーズ
イギリスはガーデニングが盛んな国としても知られています。

ゴールデンタイムに、ガーデニングの番組があるくらいなのです。

イギリスの田舎に行くと、どの家もお花でいっぱいでこぎれいにしています。

そんなイギリス発祥のアロマブランドをご紹介しましょう。

メドウズは1991年にイギリスのケント州で誕生したアロマブランドです。

白地にオレンジのマークが入ったシンプルなパッケージが、とても印象的ですね。

調香師の父を持つダーリンペインが、26歳で創業したアロマブランドで、
全商品をイギリスで充填しており、一つ一つ手作業で行っているというこだわりがあるそうです。

オーガニック認証の取得を推進している他、
チャリティー活動にも積極的に取り組んでいるアロマブランドとして有名ではないでしょうか。

商品のラインナップとしては、オーガニックエッセンシャルオイル、
豊富な種類のキャリアオイル、デッドシーソルト、ココアバター、オーガニックミツロウなど、
他のアロマブランドでは取り扱っていないようなものもあります。

次に、ニールズヤードレメディーズの特徴をお話していきます。

創業30周年を迎えるニールズヤードレメディーズは、
1981年にロンドンのコベントガーデンに、
アロマセラピーやハーブ、フラワーエッセンスなどを扱うお店をオープンしたのがその始まりです。

動物実験は行わない、鉱物油は配合しない、遺伝子組み換え作物は使用しないなど、
様々なポリシーを持って製品作りを行っているニールズヤードレメディーズは、
スクールやサロンなども運営しています。

また、ブルーボトルを回収して、
箸置きやマッサージボールなどのガラス製品に生まれ変わらせているのも、
ニールズヤードレメディーズならではの取り組みでしょう。
PR
【2011/10/26 14:33 】 | メドウズとニールズヤードレメディーズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>